筆絵瞑想より

こんにちは^^

今日は筆絵瞑想という一指李承憲先生の瞑想本からの

ご紹介です。

悩みのない人生はない

これが今日開いた本のページのタイトルでした。

内容は以下の通りです。

あなたは悩みがなくなることを望んでいるだろうか?

悩みがあることを望んではい。

悩みは成長の足がかりだ。

悩みと疑問のない人生は、死んだ人生だ。

また

心の平和とは

全ての悩みが消えた状態ではない。

真の心の平和は

悩みを受け入れる姿勢からくる。

悩みが解決したら又さらに大きな悩みがくることで

成長できるのですね。

今ならそれがよくわかります。

今は毎日悩み解決することを繰り返しながら

強く大きくなっていく自分が感じられ

それがありがたく、幸せに感じられます。

今、この機会を与えられていることに感謝。

瞑想をしたいあなたは是非おこしください。

橿原スタジオ 0744-21-0330

『TAO 自分探さがしの旅』 タオの目

こんにちは☺

今日は詩をご紹介します。

 

誰にでもあります

それが何かを知ること

あなたの心の奥深くを探して

目を大きく開くのです

そのすべてがわかるでしょう

誰の心の中にも存在するもの

いつかやがて 知るでしょう

いつかやがて わかるでしょう

 

いくら視力が良くても目を開かなければ何も見えない。タオも同じだ。

誰にでもタオの目があるが、その目を開くかは別の問題だ。理性的な

論理・分別・観念・エゴを超えたところ、そこにタオがある。タオを

見ようとするなら、私たちの目を覆っている分別・観念・エゴのカーテンを

取り払わないといけない。

『TAO 自分さがしの旅』 一指李承憲より

『TAO 自分探しの旅』  TAOとは?

こんにちは

みなさんはTAOを聞かれたことはありますか?

TAOとは漢字で道「どう」と書きますが、ここには道「みち」、真理、原理

という意味が込められています。タオは究極の真理、生命の実体であり

スピリチュアルな探究者が求め続けてきたもの、完全なワンネス(一つになること)

宇宙万物の背後に流れる生命エネルギーの原理であり、全てが一つになり戻って

いく究極の安全性だ。タオは存在するあらゆるもの、それ自体でありながら、それらを

存在させる源であり背景だ。

タオは言葉の言葉の中に見出せるものではない。

タオが生活の一部にならずスピリチュアルなアクセサリーのような、うわべだけ

の観念にならないように気を付けないといけない。

『TAO 自分さがしの旅』 一指 李承憲 より

 

ストレスコントロールができるへそヒーリング

こんにちは☺

今日はへそヒーリングの効果の一つをお伝えします。

へその下にある迷走神経を刺激するとほかの繋がる臓器と脳にまで連鎖反応を起こせます。

最大の効果はストレスコントロール力を育てることです。

最大規模の副交感神経のため体を休ませる、消化によるエネルギー補充、毒素の排出、傷ついた部分の補修などの

役割です。一方交感神経は体を興奮させたり、緊張させたりするストレス反応を引き起こすため、

過度に働くと、高血圧。糖尿病、心臓病、動脈硬化、知覚障害、消火不良といった様々な症状に悩まされます。

だから「ストレスは万病の元」といいます。

へそヒーリングを5分するだけで口の中に唾液がたまり呼吸が深くなります。

体の自然治癒力が高まった証拠です。

特に東洋医学ではへそを神闕と呼び大事なエネルギーポイントです。

へそをポンピングするとお腹が温まり、生理痛や生理不順、不妊など女性特有の悩みにも効果が

あるツボです。運動が苦手な方やできない方にも簡単にしていただけて思っているより効果が

高いです。是非一度お試しください。

スタジオで体験していただけます。

橿原スタジオ OGURA RIE

 

1分の悟り

皆さん、こんにちは☺

私は毎日「人生120年の選択」という一指李承憲先生が

書かれた本をその日のメッセージとして直感で開いたページを

読むということをしています。隅々まで勿論読むのもよいですが

ぱっと開いたページを読むと不思議とその時必要なメッセージが

書かれています。

このタイトルの1分の悟りもその開いたページに書かれていたメッセージの

1つです。107ページ、1分運動(毎時0分に体力トレーニングを1分間行うというもの)

について書かれてありますが、普通悟りとはとても大袈裟な感じがしませんか?

凄い修行をした人だけがわかるというような、そんな感じがしますが、

この1分運動だけでも考えがなくなり一瞬で脳も体もリセットされます。

そして何より時間を管理でき意識が目覚め運動する習慣が自然に身につきます。

たった1分でと思われるかもしれませんが、一度やった方はわかると思います。

1分間腕立て伏せすると、こんなに1分間が長いのかと。腹筋やスクワットも同じです。

それを毎時0分に1日12回やってみてください。自然に体が整います。ジムが必要なくなると

思います。正しく呼吸管理しながら行うとさらに自分をコントロールできるようになります。

たいていの人は頭でわかりながら続かないことが多かったり、どうせ○○だからとやらずに

終わる方も多いかもしれませんがどんな事もやってみなければわからないし、やった分だけ

変わります。1分の悟りを是非体感してあなたの人生も変えてみませんか?

読むたび新たな気づきがありますね^^

こんにちは☺

最近、手持ちの本を毎日少しずつ読み返しています。

以前は響かなかった言葉やスルーしてしまっていた内容も

心にぐっとくるフレーズがたくさんあります。

今回ご紹介したい内容は、一指李承憲氏の「21世紀の悟りの哲学」

何とも難しそうなタイトルですがとても多くのメッセージが感じられます。

その中でも最近私が深く丹田まで降りたメッセージは第一章の「十牛図」のお話。

P26~28の内容ですが、10枚の絵(壁画)は禅修行の段階を表しているそうで

農夫が飼いならしていく牛は、人間の欲望、感情、エゴの象徴。一方農夫は

人間の性格や感情、自分だと思っているカラの奥にある真我を意味します。

最初はみんな、牛が自分だと勘違いします。自分を欲望や感情、性格で成り立った存在

だと勘違いしています。何かを求め続ける欲求が自分だと思いながら生きてきたからある。

それでは、食べたい時に食べ、眠くなったら眠り、排せつしたくなったら排せつする動物と

何の違いもない。エゴが満たされたら幸せで満たされなかったら不幸せになるだけである。

この状態は完全に真我とのつながりが切れている状態なのである。

欲望のおもむくままに何の目的もなく畑の上を歩き回り農作物をダメにしてしまう幼い子牛と

同じである。農夫は子牛に鼻木をつけ手綱を結び飼いならし始める。その行為は初めは辛いことだが

必要な過程である。手綱を引きながら通って良い道といけない道を教え自分が行くべき道をわかるように

なる。大事なことは、本当の主人がだれなのか気づき始める事である。いずれは自分の真我である農夫

の声だけが残り、手綱を引いたり大声を張り上げたりしなくても牛(欲求のコントロール)を動かせるようになる。

 

私は子どもがいますので子育てと重なりとても共感しました。でもそれが自分の中で起こっている現象であること。

これは真我と欲望、エゴを分離してわかる方なら非常にうなずけるのではないでしょうか?

長くなってしまいましたが、これを読むたび自分を正したくなり自分自身を考えさせられます。

何か少しでも心にとまることがあれば嬉しいです。

一指先生の本は全てこのようにメッセージ性があります。いよいよ明後日21日に新刊

「人生120年の選択」が発売になります。こちらもさらに心に響く内容ですので是非お読みいただけたら

嬉しいです。

 

オーラ、チャクラヒーリングのことなら

イルチブレインヨガ橿原スタジオまで 0744-21-0330