皆さま、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?

お店も開いているところが多くあまりいつもと

変わらない感じもしますね。

冬にちなんで少しずつ薬膳と陰陽五行について

お伝えできたらと思います。

寒さで血管が縮み気の巡りが滞り手足の冷えに繋がります。

また”寒” と ”痛” は関係性が深いので寒邪のとどまる場所に

よって頭痛、背中の痛みや関節炎が現れます。

五臓の中でも冬と関わりが深いのが”腎”です。

腎は生命活動を維持するエネルギーを蓄え、全身に供給

五臓五腑の健全な働きを支える役目を担っています。

やる気が出ないとき腎が弱っている可能性があります。

もう一つの重要な働きは水分代謝のコントロール。

膀胱と腎は表裏一体の関係で余分な水分や老廃物の排せつ調整を

担当しています。さらには骨と髄の成長発育にも影響力を持ち

その以上は窓口である”耳”に現れます。

腎機能が衰えると むくみ、冷え、貧血、膀胱炎、神経痛、腰痛、リウマチ

老化現象、婦人科系の症状が出ることがあります。

それを助けるのが塩分です。むやみに減らしすぎるのも良くない事

なのです。だから寒い土地柄の郷土料理は味が濃い

のでしょう。これも知恵なんですね。

自分の体を感じるようになれば必要な事も

自分でわかりますね。

良い冬をお過ごしください。

 

体験のご予約は☎︎0744-21-0330 橿原スタジオ