こんにちは☺

今日は詩をご紹介します。

 

誰にでもあります

それが何かを知ること

あなたの心の奥深くを探して

目を大きく開くのです

そのすべてがわかるでしょう

誰の心の中にも存在するもの

いつかやがて 知るでしょう

いつかやがて わかるでしょう

 

いくら視力が良くても目を開かなければ何も見えない。タオも同じだ。

誰にでもタオの目があるが、その目を開くかは別の問題だ。理性的な

論理・分別・観念・エゴを超えたところ、そこにタオがある。タオを

見ようとするなら、私たちの目を覆っている分別・観念・エゴのカーテンを

取り払わないといけない。

『TAO 自分さがしの旅』 一指李承憲より